--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 23  
物を造りそれに値段を付けて買って戴く。
それで生活が成り立つ人間を世間では一応プロということになる。
長いといえば長い自分のことを省みてどうもこの定義にあてはまって
いないと思います。自分が造った作品に値段をつけることは物を造る
より難しい。ただわたしは自分なりの基準を持っています。その基準
で値段を決めています。
古来作品は100年の時を経てその真価が解ると言われています。
栄枯盛衰は人の世の常。マスコミなんかに取り上げられるとか美術年
鑑で言う所の値段なんかはいってみれば本当の値段と思っていません
今人間国宝であろうが100年後はどうか。
人の作品も私はおなじように観ています。
もう故人となられましたが尺八の演奏家横山勝也先生が在るとき
「杉原さんの仕事はいいね-作品が残る私の仕事は消えものだからね-
レコ-ド、C.Dとかいってみても生とはちがう」
さ-どうでしょうどちらが良いか一概に言えないと思います。作品が
残るということは良いと思える反面恥ものこります。
「そうか駄作を残せば死後までそれが残ることになるね」
はい良心が問われます。「このところテレビなんかで焼きもん屋が品
ものを壊しているのをよく見るが」
あれは単なるパホ-マンスですよわたしも壊しますがその事自体恥ず
かしいことと思っています誰も観ていない所でこっそりします
「ぼくなんか舞台でこの演奏壊してもう一回やれたらな-とおもうと
きがしばしばあってね-」
わたしはそんな先生にとても魅力を感じていますが
「恥も演奏とともに消える..かそう思うとどっちがいいともいえない
か」はいわたしも同じ様に思います。
ただ年々作品の数が少なくなっていきます。壊す数がやたら多くな
って年はくっても未熟者です。



スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。