--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 23  
すでにこの テ-マは以前書いています。
ここで改めてお話しようと想うのはこれの再現を目指して
いる人達、あるいはそれを望む人達がかなりおられる。
あるいは似て非なるものをもって曜変再現と云うやからも
います。彼らのことを批判がましく言う気はありません。
ただわたしは天目茶碗に夢を抱き40数年これに関わって
きました。その間の自分の想いがうつろい変化したさまを
お話したいと思います。
倉敷にある羽島焼の窯元、故小河原虎吉の所に弟子入りを
志願したのは15才の時でした。
まずここで民芸というものがあることを知らされました。
柳井、濱田、河井、リ-チ、といった人達のひきいる民芸
運動が盛んでこれを応援していた大原総一郎クラレ社長。
民芸館館長外村吉之介といった人達が時折窯にきていまし
た。来る人たちのほとんどが口にする民芸とは何か、解ら
ないまま数年が過ぎたある日、思い切って訪ねました
おじさん民芸とは何
「民芸かあれは方便よ」
この応えにとまどいました。いわば自分がやりたい仕事
ではない。と私には聞こえました。
酒津焼の職人であった彼が大原社長の支援を得て独立し
民芸愛好家に好かれる作品を造り生活していた。
たとえ想いが他にあったとしても民芸の傘下に居なければ
喰えない環境にあった。心意はわからない、しかし、私に
は自由に生きろと進めてくれたようにおもう。
二十歳過ぎて今後のことを相談しても「わしの後をやれと
は言ってくれなかった。
独立して窯元になりたい。といってみても資金が無い。
職人としてなら仕事はいくらでもあった。しかし、当時
戦争孤児同然の自分に資金などあるはずもない






スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。