--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 31  
ギリシャ神話にこんなのがあります
天上界で神々が集まり人間共の目にあまる様にがまんでき
ない。かれらに罰を加えようではないかということになっ
た。ゼウスは彼らの訴えに対して次のような注文をつけた
「みなさんの言われることは尤もだ。彼らから希望だけは
取り上げないでほしい、其れ以外であればいかなる罰も認
めよう」
これより後人間は生きる上で多くの苦難を背負って生きな
ければならなくなった。しかしゼウスのおかげで様々な困
難があっても希望をもっているかぎり耐えることができる
実はこの希望をとりあげなかった事自体があらゆる罰の中
で最も厳しい罰であったわけ

人は常に未来に向かう。物を造るということはそこに意味が
ある。いかに優れた作品であろうとこれを真似てみても、そ
れは芸術ではないただ、過去の優れた作品の美の世界を学ぶ
ことは大事だと思うそれは新しい美を産むうえで。
「すぎはらさん刀の世界は死の世界です」あるときこういっ
た。それは今にして想えばうなずける。
かっての名作の刃紋を描いてまねているにすぎない。
後ろ向きの世界だ古名刀をしのぐ気概はもはやないと言うい
みだとおもいます。
東京で彼は数名の人物をわたしに紹介してくれた。中でも川
端照孝、斉藤大助さんたちとはかなり長い年月おつきあいさ
せて戴きました。川相さんとはあの死の世界という彼の言葉
を訊いてまもなく疎遠になりました。
わたしは過去に生きるつもりはない自分が求める美の世界は
未来にある。曜変も同じでその美の世界はわたしなりに学び
再現にも努力してはきた。しかしいまわたしには未来しか無






スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。