--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 11. 28  
今度の個展は今年の春に計画しました。会場探しに約一ヶ月
なんとか決まった時点でダウン。
二度目の入院となりました。
さて年末の個展は遺作展か記念展になるんかはてさて。
追いつめられた中で新しい窯を築くことを思い立ちました。
その窯がやっと出来ました
あれっ今日は11月28日案内状まだ手つかず。ん-ん
今回の個展案内状だせませんごめんなさい。このブログ
観て下さっているかたには御来駕おまちしています
さて、今回の作品展天目茶碗がメインです数名の所有車
に御願いしてはからずも過去20年の軌跡をたどること
になりました
imagine60年の軌跡杉原オオロの陶
日時12月2日より9日3日月曜日休館
日南町美術館




スポンサーサイト
2012. 11. 26  
個展12月2日より9日までただし3日の月曜日は
休館です
会場日南町美術館
初窯となります窯焚き12月8日9日です窯出し
13日
新しい窯の完成祝いと忘年会16日です
今回の個展は天目茶碗がメインとなります
2012. 11. 12  
この時期はだれもが忙しい
そんな中松江、安来、倉敷。から応援にきていただいて
立ちました。新しい窯の煙突
窯のできるのを見届けて銀杏も冬のモ‐ドになりました
指先がかじかむじきまでになんとか窯の作業もほとんど出来ました
いろんな人達の協力があって一歩前進です
DSCF0184.jpg
DSCF0183.jpg
DSCF0181.jpg
DSCF0180.jpg

2012. 11. 01  
DSCF0175.jpg
窯場の傍にある銀杏の木窯の本体が出来上がるあいだ
毎日色が変わって。
まるで窯の出来上がりを見届けてくれているようです
2012. 11. 01  
登り窯と穴䆴、なにがどうちがう。
だいたい30°勾配の傾斜であるてんはどちらも大差はない。
おらが今築いている窯みて「これ登り窯ですか」
いえ穴䆴です「どう違うんですか」
以前古い形式の穴䆴のことを書きましたがそれらは
山にあなを開けて造られていましたからわたしがいま築い
ているのとはちがいます。このばあいだと観れば解るんだ
けどおらが造る穴䆴ちょっと目にはようわからん
まあ登りでも穴でも見る側におまかせすればいいのかも
しれん。そうなげだせば身もふたもなくなる。か

窯の本体は昨日出来ましたあとは4mの煙道と3m
の煙突をやって4日には完成しますデそのあとあたりで
ぼちぼち書きます。
穴䆴と登り窯のこと

プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。