--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 26  
原田さんに登場してもらったんですこし漆の話をしましょう
彼は山男で毎年正月は大山で過ごしていました。
そんなんでいつしか山に誘われおらも端っこに加えてもらい、15
年位冬山に行ってました。
そのことよりもやはりア-チストとしての生き方を学んだと思う。
萩の吉賀大眉先生に認められて日展の世界では将来を嘱望されて
いた。
この吉賀先生は後におらも認めて頂き弟子になれと何度も誘って
頂いたがやがてこの世界で生きるということはおらのようなビン
ボウ人の生きれる世界でないことを悟りお断りした。
グル-プ現の名前で現代美術の展覧会を毎年岡山文化センタ-で開
催後に倉敷、ウイ-ン等で日欧展、倉敷の美術館を中心に彼とは数
多くの展覧会をしてきた。
この長い年月を振り返ってみて想うのは生様でんなあ
原田さんから学んだことは多い。しかし、だからといって彼と同じ
生様をしているかと言えばちがう。
でも芸術に生きる生様において仕事において尊敬している。

二十代前半頃初めて仕事場に入れてもらった時に座布団を出してく
れたんはいいんだけどこれ漆塗り。
仕事で漆のついた手でいらうんだからとうぜんそうなる。
ところがおら当時漆にめっぽう弱かった。結果は想像におまかせ。
先生らいねんあたり喜寿かなあ。



スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。