--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 03. 24  
本能寺、溝の深さは幾尺ぞ
吾、大事を就すは今夕にあり
こう粽手に在り、こう併せて食う
四こんの煤雨、天墨の如し
老いの坂西に去れば備中の道
鞭を挙げて東に差せば天猶速し
吾が敵は正に本能寺にあり
 
        頼山陽
実は今回の窯で茜色の曜変天目茶わん二点が産まれた。
オ-ロラの様に紫紺の模様に茜色が浮かぶ。
いま一つはこれも紫紺の模様が炎に包まれた様に見える
二年前、の窯で産まれた曜変、米子に在るギャラリ-美凛蔵の
曜変は片身代わりでこの作品も希有な天目である

さて、今回の曜変の銘、本能寺はどうかなとおもう
信長と共に焼失したとされる幻の曜変天目を想像できないかなあ
紫紺の闇のな中、炎に包まれた本能寺...。

無論、現存する曜変の色からは想像だに出来ない茜色の曜変天目。
しかし、今手元において眺めていると空想の中で描くより、遥かに
強烈な印象がある。

私はかねてより一つの窯で青磁、辰砂、天目、伊賀、萩等の作品が
やれないだろうかと考えていた。
数名の名の或る陶芸家の先生にこれをはなした。あほう、ばか、気
違い等と罵倒されてきた。
私の描くアジアの焼き物には面積も時間さえもない。
私の描く陶芸は未来にある。

長い年月、私は天目の美の世界を夢みて来た。そしてその美はとて
つもなく遠い所に存在していて自分ごときが口にするもおこがまし
いなどと言われてきた。しかし、今は違う。
じぶんにとってもはや曜変の美の世界は手の内に在る。
無論、そう云えるまでに長い間、苦しいつらい思いをしてきた。
曜変の美の世界は過去の遺物ではない、無限の可能性のうちにある


スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。