--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 09. 29  
使って育つ
土の器。無論土を形にしただけでは用の役にはたたない。
利休が長次郎と云う瓦師に楽焼きを薦めた記述が残って
いるが、黒楽で900度。赤楽は800度位で焼いた器であっ
た。
700度あたりで陶土が焼き物になる。土偶とか土器等と呼
ばれる焼き物はこのあたりの温度。
いってみれば粘土が焼き物に変化する温度なんです。

はれものに触るという表現があるんだけど。このあたりの
焼き物を扱うには慎重にしないといけない。
カラフルな上絵付けの器なんかも同じで指輪ははずしてあ
つかう様にしたい。
上絵付けの焼き物は改めて話すとして、楽焼きと呼ばれる
焼き物、萩焼、唐津、朝鮮の李朝等は使う間に、焼き上が
りの時には観られない変化が現れる。

以前大阪にある東洋陶磁美術館に展示している徳利、のこと
に触れましたが、100年近く使い込んでいくなかで味わい深
い色が浮かぶ。
焼き上がった作品が年月を経て、100年、200年先にどのよ
うに変化し、どんな味を出すか、そんなんまで見越して作品
の善し悪しが見分けられる。日本人はすごい、日本ちゃちゃ
ちゃ。

利休以後侘びちゃが今日に至迄日本人の美意識として..。
ん、あるいは日本人の深奥に受け継がれているように思うん
だけど。此れはオラの思い過ごしだろうか、
とは言え、家具なんかを数100年大切にし、そこに現れる味
わい深い色を自慢にする民族は日本人にかぎらない。


スポンサーサイト
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。