--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 01. 15  
上田社長との出逢いからすでに20年の年月が過ぎ去った。
自分の不手際で戴いた名刺も無くしてお名前も思い出せないでいる。
天目をゆめとしてこれに挑戦した半世紀のなかで
藤本、長江、上田の三人との出逢いを抜きには語れない。
ばけものに取り付かれてその苦しみから逃れよう、もうやめよう
とする私をはげましてくださったかけがえのない方々といえる。

今少し上田さんに触れたい。銀座の画廊での会話で
唐九郎先生とご自分のことを話された内容を紹介します。
わたしは先生の弟子でした。が、あるとき積んでいた
割り木が崩れて足の上に落ち、片足が不自由になりました。
先生はお前は焼き物造りはあきらめい
そのかわりわしの作品はお前にまかすと。
以後先生の作品の値段にかかわってきました。ただ、
先生は負けず嫌いでいつも人より高い値段でないと
ご機嫌が悪かった。

たしかその頃唐九郎しの茶碗一千万円の値がついていた。                 人間国宝を遥かに見下す値段であった。
その値段を付けた彼が私の茶碗に自分一人では値段が
付けられないといわれた。以来、いまだに私の天目ネなし草                でさまよっている。







NEXT Entry
棺桶から
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。