--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 02. 11  
日本民族が砂鉄を加工して鋼にしこれを刃物にした時代
を飛鳥、天平時代あたりと日本史でかって云われていた。
今はいつの頃と云っているのか知らないが五世紀あたり
に我が国には鋼は存在していないという。
しかし私は弥生時代に加工した鋼を持っている。
このことをどう説明すれば良いのか。
私がまだ総社市に居たおりに鬼ノ城の調査が行われた
この調査で特に注目されたのが石垣であった
石は精巧に加工してあるがこの時代に鋼は存在しないと
の常識があるために聞いていて御気の毒と云える説明を
されていた。数年後同じ総社市の西、新本で五世紀のたた
らあとが発掘された。このとき市役所にその模型が展示
された。その模型の説明によると谷筋にうなぎの形をし
た炉は炭窯横に丸い形の窯は鋼を造る炉との説明であった
歴史も事実もその時代に権力をにぎる者達の都合で変わる
国の権威で存在している大学から報酬を得ている学者であ
れば事実を曲げることなど大したことではないんかなあ
ともあれ砂鉄の仕事をしていた人達は長い歴史の中で
差別されてきた。弥生から六世紀まで日本で刃物の生産
は行われていなかったんです。

NEXT Entry
神話
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。