--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 20  
一高の寮歌、嗚呼玉杯に花受けて...なんて歌、この季節に
ふと思い出します。
こないだこの歌のこと調べてみたらどうやらこの歌詞庶民
と自分たちとは心意気が違うのだといいたかったわけでそ
れを表現するために玉杯を持ち出したに過ぎないようだ。
それはともかく焼き物のことを「玉の如し」と表現してい
る漢詩はかなり見受けられる。
砧青磁の名で知られる器はまさに玉そのものと言える。
鶏血石と名の付く石がある。わたしは此れを印材にしたの
を観たことがあります。透明な中に赤い模様があって美し
いものでした。これなんかは玉の中でも極上のものです。
焼き物の赤い色を表現するのに中国では鶏血紅、牛血紅、
また火炎紅、桃花紅等とわりあいリアルに表現しています
日本では辰砂でかたずけていますが辰砂は本来水銀の色に
付けられた名ですがね。
この紅あるいは辰砂の色は古来難しいと言われています。
前にも書きましたが難しいのでなくやっかいなだけです。
玉のような器に美酒を満たしているところに花びらが舞い
その花とともに口にする。これはこの季節ならではの贅沢
一度やってみてはいかが、お薦めします。







NEXT Entry
窯焚き
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。