--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 20  
曜変天目茶碗に出逢ったのは私が25才の時でした。以来
今日に至るまでこの作品のことを想わない日は一日もない。
一昨年秋救急車で病院に運ばれ意識を失いかけて自分の
命もこれまでかと想うなかでまだやり残している。そう考
えていると意識が戻りその日の夕方帰宅しました。
命が尽きかけたなかで天目に出逢って幸せであったと想う
一方でまだやり残していることがある。そう想った時点で
天は私を娑婆に返してくれた。

いまわたくし73才ですから長いといえば長い年月でしたが
これに取り組んだ動機は不純そのものでした。ところがい
つの間にかあり得ない出来事出逢いに遭遇するなかで自分
はこれを成し遂げるために活かされている。そういった
おもいが年々強くなっています。
生と死のはざまに立って考えたことそれは新しい曜変の美
の追求です。

これから数回にわたって曜変天目とは何かわたしのおもいを
語ります。多少へりくつがましいかもしれませんががまん
しておつきあい下さい。
実は先日、20数年間音信のなかった人から電話がありました
「どう、元気」なんとか生きてますが
「うわ.なつかしい。ところで曜変出来たあ」
出来てますよ
「うわあ観たい」
てな会話を交わしまして今日彼に会うことにしています。
NEXT Entry
曜変天目
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。