--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 07. 23  
あ、そうそう次の窯焚きの日時を決めましたので
お知らせ致します。9月14日に火を入れます。
前回は廣島ののぼさん古見さんが新登場で、何ともいい雰囲気
で盛り上がりました。ただおらの目の故障で迷惑かけて...。
申し訳なかったな-。

沙羅双樹の花の色。言うまでもないがもののあわれ、無常観。
このような思いが蔓延するなかでも芸術は生まれる。
戦乱に明け暮れる毎日が現実の世界であり、一方茶の湯の世界は
非日常な空間であらねば意味が無い。
この侘び茶の道具は高麗井戸から李朝時代の粉引き、柿のへた
等国産では楽茶碗、萩焼と新らしい思想は数多くの名品を生んで
いった。
話を私事にもどしますがかの茶の湯の宗匠にけちつけられた次の年
東京であった展覧会で数々の名碗を観る機会に恵まれた。
それから数年後、漆芸家の原田杜子史さんと萩のかまもとを訪ね
帰るときに無心をいって土をゆずっていただいた。



NEXT Entry
ところで
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。