--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 07  
姫谷焼がいつ頃始まったかなんてことは解っていない
そもそも姫谷は秘め谷が本来の名であった。この名の示すように
隠れ郷として存在していた。そうしなければならない理由の一つ
は中国からこの地に棲んだ陶もの師たちのことを考えない訳にい
かない。
通説として秘め谷のことを述べているものはだれかと訪ねてみれば
かの桂又三郎なる名前がちらほら出てくる。
彼の批判になるがあえて言えばこの人物は備前焼きが専門で釉薬の
仕事に関してはほとんど解っていない。三文評論家である。
ここらあたりがあれこれ言ったとか言わなかったとか。物ごとの
真実はエセ評論家のいう処とは別に存在している。
真実はなにも解っていない。
豊蔵先生達が志野焼の調査をされたが肝心なところは今後に待つし
かない。といっておられた。
たかだか千年に満たない遺跡でも相当な費用と人員を集めて調査し
ても肝心なこと知りたいことは解らないということだ。
いわんや素人まがいの連中がろくに調査もしていない秘め谷の事実
を知っているわけがない。
志野も秘め谷もいずれ明らかにされるときがくると想います。

今の時点では肝心なことは解っていないが、私個人の想いから言え
ば我が国の陶芸史の輝点だと想っています。







NEXT Entry
米沢紀行
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。