--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 09  
今から25年位前に、縁があって山形大学の教授をされていた工学
博士の高橋先生のご案内を頂いて米沢に二日間滞在しました。
先生のお宅は林泉寺という所でそこから川沿いにしばらく行くと
この川の西側は川西というところです。
この川では伊達政宗が幼いおり遊ばれたとか
さて川西には古い酒蔵があります。まずそこにご案内します。
酒蔵ですか。出来たら夕方のほうが..。朝からってのはどうも
はははお酒とは違う目的がありましてね。
なんでしよう。
さあ着きましたどうぞ。
この家のご隠居と想われる品のよい女性が迎えてくださいました。
案内されるままある建物の中に入り驚きました。なんと中国、朝鮮
等の白磁青磁が文字どうり山と積まれていました。
私の主人は変わっていましてね。
昭和十四年の競売にいきましてこれらの品物を競り落としました。
あとで訊きますと大原さん達ほとんどの人は茶陶に注目されてい
たようです。ところが主人は美術陶に興味があってこれらを競り
おとしたようです。でもこの建物にはもう三度泥棒が入りまして
良いものはあまり残っていません。
普段は立ち入り禁止にしていますが特別に....。
案内していただいたところは別棟の二階の部屋。
この部屋に入るなりおら不覚にも声が出ました。なんと秘め谷の
赤絵の皿が十まい並んでいる。
岡山からおいでと伺い特別にお目にかけようとおもい出しておきま
した。本来息子がいましたら先生といろんな話が。特に秘め谷焼の
ことなんか。ただいま東京に行ってますもので...。
この赤絵の皿はほんのり黄色の地に描かれています。
秘め谷の初期の作品です。
今は亡き当主の秘蔵の品であったわけです。

NEXT Entry
米沢紀行2
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。