--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 21  
西洋では焼き物の器は芸術と認めないといった考えの人が多い。そ
れとは違う意味で我が民族は芸術の定義を厳密に考えない風潮から
か曜変は偶然出来たなんて..。それを所有している美術館の学芸員が
言ったりしています。
曜変が日本に入って間もない頃此れを観た識者は 世上にない美を
持つ。との評価をしていますが、このことと偶然とは意味が違いま
す。
鉄釉の歴史は宋時代より前の周時代が源流と思われます。とすれば
鉄釉が出来て2000年の辰を経て宋末の頃曜変が出来たことになりま
す。北宋の官窯に観られる皇帝の器も神器と言われていますが、宋
の時代に産まれた美術品はまさに古典であり焼き物が到達した頂点
ともいえます。
私達の民族に不幸な時代も在り、個性ある陶芸が影を潜めています
このままではいけないと思って私達は美術学校を創設しました。
学生達に学んでほしいことはあなたと同じで宋窯が中心です。
宋窯は古典であり普遍の美があります。学べばそこから新たな世界
を見いだすことも出来ます。
ところで燃料は何を使っておられますか
松割り木を使っています。窯は穴窯です。なにもかも古い時代の
ままでロクロも電気は使いません、
それはすばらしい
天目茶碗は建盞の土があればいいんですが私の場合無理でして
私達は天目はそれでないとだめだと思っています。ここに持参
した茶碗も建盞の土です。わたしたちはこの作者に曜変を期待して
いますがあなたの意見はどうですか。
根本の所が異なりますからなんとも言えません。















NEXT Entry
2004北京
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。