--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 01  
想えばおらがやきもんやでメシ喰うかなあ。何も解っていなかった
当時を振り返ってみると、そうそう、民芸教の信者が多かったように
想えます。そのことは、クラレの大原総一郎社長の影響が大きかった。
私が小河原虎吉の窯元にいた四年のあいだたびたび来られていた
ただ、虎吉はただの一度も民芸を語ったことがなかった。
しかし、一度だけおらのほうから民芸とは何かと聴いたことがあった
民芸か、ありゃあ方便よ。
わたしはこの虎吉の羽島焼に四年、丹波焼に二年。民芸の窯元で御世
話になったんだけれどなぜか民芸なるものに素直になれなかった。
師匠の虎吉もこの世を去って後に彼の想いとしてはおらが民芸の世界
に生きることを望んでいなかったようにおもえた。
一度だけ自分がこれから生きる方向を尋ねたことがあった。
むしあけ焼に岡本英山がいる。あの窯のあとをやれ
てんで英山をたずねた。
わしは心臓を患うとる。あんたを教える気力がない。
断られてしまった。

名のある窯元にはそれなりに職人がいた。そのひとたちと同じ路を
歩くんであればなんの問題もなかった。しかし何かがじぶんをそうさ
せない。虎吉もわしのあとをやれともいわんかった。
夢が無い、やきもんに夢が持てない。これだ、これをやりたいと思え
るものがない。

天目に出逢いこれにかけた夢が成ったとおもう。しかしこのゆめは想
像以上にきびしくつらい年月をかけてなお目的は遥かに遠い。
しかし自分としていくらか不安はあったものの上田氏に観てもらい
評価して頂いた。
満を持していたおらにしてみれば彼の去ったあとどうすべきか手の
打ちようがない。夢は終わった




















NEXT Entry
夢物語
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。