--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 04  
錦織りなす秋の山の景色も忍び寄る寒さとともに色が褪せて師走
ともなれば雪が似合う風情です。
こういった景色を眺めていると物のあわれを感じます。
此所は出雲神話の舞台、日本という島の根っこであれば歴史は古
い。そこには人の営みがあり、栄枯盛衰がある。
もう随分前に奈良の赤肌焼に友人を訪ねた折にその窯場の傍が
平城京址でその場に立つと空気が違っていた。
古丹波と呼ばれる作品が焼かれた場所、三本峠には江戸時代より
古い窯があり、その中にたたずんで想いを巡らしていると声では
ない声、波動が聞こえてきた。
山の斜面になまずの寝床のような形に穴をあけてこれに作品を入
れて焼いていた。
1280度あたりの温度なんだけれどなぜか作品は1330度で焼いた
くらいに焼けている。
このことは窯自体の温度を上げるのに長い時間がかかっていた。
短時間で焼くのと時間をかけるのとでは内容が変わる。

約500年位以前に築いた窯とほぼ同じ窯を今回築いた。
それはかって三本峠の窯で聴いた声に答えてのものである。
穴䆴はその周囲の環境をもろに受け止める。
大雨が降れば竃の中は川になる。燃料にしても松割り木のみで
はない。竃の周りに自生する樹木は全て使う。
このような過酷な条件のなかで物造りをすることは大量生産とは
ちがう世界がある。
私がこの三本峠の穴䆴を訪ねたのは二十歳。職人修行中のときで
あった。













NEXT Entry
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。