--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 31  
辰の流れに流されて今は知る人もわずかとなってしまっているが
岡山県の西に位置する備中町の漆は品質の上で日本一との評価が
あった。
ところが二つの理由からわたしが原田さんと現地を尋ねた折には
丹下さんといわれる方が一人しかこの仕事をされていなかった。
高梁川の上流にあたるこの場所にダムが造られ其処に棲む人達が
立ち退きになった。
いまひとつ人工漆なんかがでまわりだして漆の需要が少なくなっ
たともいわれている。
しかし、それらのことより私が悲しく想ったのは生産者が漆の品
質を落としたという話だ。
漆の樹液をへらでかいて入れ物に貯める作業をするときにわずか
になたね油を使うがこれを故意にまぜて目方をごまかした。
品質が優れているということはこれに関わっている人達の功績だけ
ではない。
環境そのものが良質な漆を造っていたのである。農作物に関わる者
が朝夕天に祈る。祭りもそうだけどこのことは自らの傲慢を戒める
といった意味もあると私はおもっています。
数百年の営みも心ない人の行為で失うことがある。

焼きもんもそうだけれど漆器は解っているだけで数千年の歴史があ
る。ということは本当の意味でその伝統を受け継ぐということが
なまなかなことでない。ある意味でその家に産まれなければ出来な
いこともある。
原田さんは漆という太古から伝わる世界に金網を芯にした新しい乾
漆の技術でオブゼを創作してこられた。

彼の生家倉敷市玉島南浦の酒蔵美術館に作品を展示している。










NEXT Entry
明けましておめでとう御座います
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。