--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 06  
今年の春は東京、秋は福岡で台湾に収蔵されている故宮の展覧会が
開催される。
私の姉が台湾の人と戦後間もなく結婚して彼の地に渡った。そんな
縁もあり数回台湾を訪れています。
中国の皇帝の器、至宝とされる作品ぜひにとお薦めします。
わたしは若い頃にこれらの作品に出逢い多くのことを学びました
特に北、南宋窯の青磁、明の白磁等の作品は人類が到達した頂点の
美、と私は思っています。
芸術に完成、完璧はない。自分は己の命の尽きるまでに自分に出来
る精一杯の仕事を残したい。
そんな思いを抱いたのもこうした名品に出逢ったから。
とはいえそのことはなにもかもいいないいなとも言えない。
自分の生様を、生業をそこに置いてみるとあまりにも自分が小さい
存在であるかを思い知らされる。

宋窯は美の頂点ではある。だからといって陶芸そのものに未来がな
いということではない。
人類は多くの困難を乗り越えて明るい善い時代を求めている
芸術も同じで常に新しい美の世界にむかっている
へりくつはともあれ料理も器も精神誠意これにかかわる者新しい美
意識をもつかぎり芸術に生きている。







NEXT Entry
過去と未来
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。