--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 05. 03  
クラレの会社、退職記念品としておら作の茶器を贈って頂いて..。
ん-四十数年。ここ数年注文がないんでもう来ないんだろうと思っ
ていたらこないだ久しぶりに50組注文頂いた。
この作品造るのにかなりの日数がかかります。キウス90-100
湯のみ450位の数は造りますから一か月くらいはこれに係っきりに
なります。
やっとこさ造り終わってあたりを見渡してみれば雪景色に変わって
今や百花撩乱。山にも遅い春がおとずれました。
さてと次にかからないかん作業。年末に築いた素焼窯が気に入らん
これ解体して以前あった場所に移転することにして、このところ
土方仕事の毎日、基礎からの作業なんでかなり体力が入ります。

このところ小保方さんのことが気になって...。
ん-そう、いささか人ごとと思えないなにか重苦しい感じがして
紹介されたブログ、中部大学の武田邦彦教授の話に耳を傾けていま
す。
ものまねの研究で権威と地位を築いている学者にはこのような出来
事を判断出来ない。にもかかわらずNHKとかの権威があおりたてて
一人のまじめな研究者をパッシング。
テレビ中毒症候群。恥をしれ。といいたい。
優秀なさるまね学者は育つこの国には未来を切り開く人をよってた
かってたたく。

精華堂の学芸員はじめ、多くの権威は曜変天目は偶然の美といって
はばからない。また陶芸家と名乗るクロシロ問わずこれのコピ-、
写し、まねやってこれまたNHK、三越といった権威が神輿担いでいる
おら曜変天目は芸術作品だと思っていたんだけどちがうんですかへ-
偶然出来た作品だったら芸術ではないですよね-。それがいかに素晴
らしい作品であれ。
また、有名な作品だからといってそれのまねやって似た物造って...。
彼らに未来はない。




NEXT Entry
柳海剛先生
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。