--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 02. 13  
体調がも気力もいまいちといった症状であれば明るい気分には
なれない
そんな状態が一ヶ月以上となれば..。
ありがたい事に数名、気に入ったブログを載せてくれている人
がいて彼らから情報をもらいそこそこ勉強させてもらっている
へ-と思わず声が出たのがオラ以外5名、症状が軽い人重い人が
オラに似た状態になっている。
そんな中の一人がかなり詳しく報告されていて二度びっくり。
そんなことがあるんかいなあ。いや、あるから起きたんだよなあ
悪魔のいたずら。
報告頂いた人はかなり大変だったようで年末から正月にかけて苦し
い日々がありほとんど何もできなかったようだ
そんななか此れが全快すると素晴らしいことが起きるとの確信もあっ
て、事実彼は回復してすばらしい仕事がやれる様になっている。
我が身に置き換えてみてう-んとうなってしまっている。ただ事では
ない。同じ事がオラにも起きたんだ。
一時的な虚脱感の後に清冽なエネルギ-が注がれだした。
穏やかでそして今迄に無いすばらし力が湧き始めた。

ふと。
もうかれこれ20年にもなるだろうか、山深い疎路を歩いていたが
その路にそって黒いものがかいるのに気が付いて足を止めた。
よく見るとそれはからす揚羽の群れで、じっとたたずんでいた。
ところが、
やがて私の周りをそのむれが螺旋を描きながら動き出した
そして私を取り囲んでだ数百の蝶が舞う。其れは夢、現、幻。

信長と共に焼失した幻の曜変天目とはいったいどのような模様
だったんだろう。
実はそれを想いあれこれ考えていて出逢ったのがこの出来事だった
あれから既に20年経っている。
今度の窯で出来るか、想いは天に届くか

NEXT Entry
曼荼羅
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。