--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 02. 26  
人生五十年、夢、幻の如くなり。
我が身に置き換えてみれば今七十五。25年長生きしている。
ただ、産まれて以来25年、この世に曜変天目があることを
知らなかった。
やがてその存在を知り、曜変の美の世界に触れた。
以後これの美を追い求め、今に至っている。

中国の南宋の時代に曜変天目は造られたと思われる。A.D1125年
頃.私の想像で云えばこの時代に一度きりの窯で数点の作品が産ま
れた。と思っている。
我が国に現存する国宝の3点以外に信長と共に焼失したとされる
幻の曜変天目がある。

中国の宋時代に最も高く評価された器は青磁であった
北宋官窯青磁、南宋では砧青磁。
曜変天目は窯出し以後時を待たずに日本にきている。
いくつかの文献にには禅宗と共に云々...。
が、わたしにはこの記述に同意しかねないでいる。
このことは改めて書くが、本命である幻の曜変天目とはいかなる
ものであったのか。
p.cのまえで此れに関してかいてみたいとおもいながら未だに本音を
書けないでいる。
書きかけては挫折の繰り返しであった。

本尊が幻であればこれの正体をつきとめるなんてのは至難である。
しかし、自分が25才のころ出逢った曜変の美はやがて現実の世界に
を突き抜けて今だ存在しない未来へまでも私を誘う。
私は物造りであって其れ以外の何者でもない。
かってこの世に存在し、本能寺で焼失したとされる茶わん、こそが
世上になき美を持つ作品であったのか、或は曜変の名を冠する現存
する国宝の3点も併せてなのか。

曜変の定義をどう考えたらいいのか。正直自分には言葉で言い表せ
ないでいる。









NEXT Entry
窯詰め本日終了
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。