--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 05. 30  
総社市新本で6世紀と云われる鋼炉の遺跡が当時の形をとどめて十
数基出土したんだけどあれの調査報告書はちゃめちゃだった
そら、権威が創り上げた歴史にそぐわんものは表に出したくない。
炭竃と溶鉱炉がちがっていて
うん、あれはわしも観たけど..。
谷からの傾斜を利用して炉を築く、炉の形はウナギのようだった
このウナギの片方に4カ所穴をあけてその穴に竹の筒を使い息を吹
き入れた
此の様式が日本最古の炉であった。やがて両側に息を吹き入れる穴
の様式になる。
長い竹の筒使って息を炉に吹き入れる仕事をしたのが吹き子と呼ば
れた人達なんだ
そう海で素潜りで漁をしていた女達の仕事だったようだ。彼女達の
仕事はものすごい過酷なものだったと想像できる。海の中と違うて
炭から出るガスも吸い込む息に入れば肺がやられる
ふいごが発明されるまでの間のことはほとんど表の歴史には出てこ
ない。
以前,持って帰った飛鳥時代の鋼はすでに無くなってしまったんで
次は無いと思っていたらこないだ電話もらって..。
うんあれは古い、おそらく四つ目ウナギのもんとおむとる
となれば弥生時代あたりかなあ
まだまだ
となれば縄文後期
うんにゃまだ古いとおもう。一緒に出て来た土器で判断するとそうな
るなあ
アの鋼の外には観られないんだけど中にすごい色がある、あれはオラ
が求める曜変の色
うんうん、刃物の地金にも澄みゆうてきれいな色が浮かぶ、無論これ
の観えるんは古名刀のみ、それも数はすくない
ところで、鋼を溶かす炭なんだけど現代では松炭しかつかっておない
けれどあれ、古代では...。
ふふふ、好い所に目をつけたな、無論まつではない
折れず曲がらず刃こぼれせずを思えば松では無理
そう松には硫黄がありこれが刃物の大敵よ




NEXT Entry
割り木
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。