--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 08. 15  
77という歳を生きてきて感慨をほんの少し書いてみたくなった
むろん生きるにおいて欲といえるほどのものはない
たぶん死もそんなに先のこととも想っていない。あるがままに
受け止める心構えはあるつもりだ
前回少し触れた父のことでかなり誤った思いをもっていたようだ
昭和19年頃呉の港から戦地に向い消息を断っている
敗戦の中を裸足のげんそのままに生きた自分が受けた学校での教
育は真実からはほど遠いものであった
ただ、戦地に向う父の心情をを推し量れないまま生きて来たよう
に想えてならない。
5才で死別しているんだから思い出といってもわずかな破片のよ
うにしか思いではない、しかし、その破片の一コマはけっして消
えてはいない。
敗戦後に学校で受けた義務教育で徹底的に刷り込まれたのは民族
の誇りを削ぐものであった
このことは父の死そのものへの侮蔑であった
父の戦いはかく言う私のための戦いであった
無論この結論に至迄様々な出来事があった。
この事も全て天の手のうちのことなんだと今は想っている

NEXT Entry
窯焚きの日取り
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。