--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 09. 19  
平成になって間もなく東京銀座で画廊を経営しておられた
上田さんに天目を観て頂くことになった。
そのときの出逢いについてはここですでにかいていますの
で省略しますが、実をいうと其の上田さんに逢って間もな
く加藤唐九郎先生に御逢いしている
志の茶碗やってみんかと云って頂いた
先生が生きておいでの間はやめときます。わっはそうか...。
この出逢いでわたしは唐九郎先生が大好きになりました
自分はまだ天目に魅力があったんで志乃に心が向いていなか
った。
でも、いつの日か必ずやってみたいと心に秘めてはいた。
しかし、唐九郎志のはますます素晴らしい芸術の世界に邁進
して大往生をされた。

わたしは曜変天目を追い求めていくなかでやりきれない空し
に曹禺する事に成る。
曜変のレプリカの登場である。
このようなものがまかり通る世の中にいやけがさしてきた。
不純な動機かもしれないんだけど、無性に志乃がやりたくな
った。
とはいえこの世界には桃山時代を稜がした唐九郎がいる。
まねごとはやれるかも知れないが自分の志のをやれなければ
いみがない。
有り難い事に今回この地で出逢った三島土が私を助けてくれ
た。この三島土によって生まれた新しい鼠志のは、桃山でも
ない、唐九郎でもない新しい志のの誕生といえる。
また鬼板もこれまでのものには観られない美が浮かぶ。
DSCF0009.jpg
DSCF0010.jpg
DSCF0011.jpg
DSCF0012.jpg
DSCF0013.jpg


NEXT Entry
炎の旅、懐かしい未来へ
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。