--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 09. 21  
鼠志のDSCF0025.jpg
DSCF0026.jpg
DSCF0027.jpg
DSCF0030.jpg
DSCF0036.jpg
DSCF0037.jpg
DSCF0038.jpg
DSCF0039.jpg
DSCF0040.jpg
DSCF0041.jpg

民族によって異なる呼び名がありますが..。
たとえば私が云う三島土なんだけど此れの応用で多様なやき
ものができる。
源土は石の混ざった赤土なんだけど、この土は化粧土として
つかわれている。
のみならず白に近い土に少し混ぜて使うばあいもあるし、灰
をまぜて使う等用途は多い土なんですが気にいった土にめぐ
りあえない。
倉敷市酒津は少年時代過ごした所なんだけど、この山にはかな
り豊富にあってこの土で作物を作ると一味ちがうといわれてい
た。
鼠志のはあまり好きになれない色なんだけど今回掲載している
茶碗はいい感じに焼けています
長石釉との兼ね合いにもよりますし、無論焼くおんどなんかも
影響します。
わたしの場合かなり高い温度で焼きますが..。

今住んでいる所の真向かいにオロチが寝そべっているような山
がありますが、夜明け前から明るくなる間うっすらと靄がたな
びいて行く様がすきなんですがこの有様を彷彿とさせられる鼠
志のはお気に入りの色です
べたっとしたいろではない、そこには空気とともに動きが或る

NEXT Entry
炎の旅懐かしい未来
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。