--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 10. 30  
11月3日の展示
人は土から生まれ土に帰る、は古くより云われてきました
人間の成分を分析すると土とほとんど同じだといわれてい
ます。
わたしは15才の歳から陶芸を志して今日迄其の土に活かさ
れての毎日を送っていきました。
10年前、縁逢って此の地で窯を築き作陶することになりま
した。
そんなある日大宮在の人達から此所で焼き物するんであれば
此所の土使った焼き物やってほしいと言われました。
自分としても其れが出来るといいとおもってはいました。
土地柄でいえばここは神代の昔から人々が生きて来たところ
です。
現在ではかっての姿を忍ぶ物は少ないとはいえ、ここは、日
本の故郷であることに変りはありません。

北朝鮮の地に三島土と呼ばれる土があり此の土を使って、高麗
李朝、の焼き物、そして、やがて日本では萩焼、志の焼き等が
起こり数多くの名器がうまれました。
しかし、これらの名器を生んだ土は20年位前より手に入らなく
なりました。
私は此の土がもはや手に入らないとあきらめていました。
ところが同じ三島土、しかもかっての名品を生んだものより
良質の土が日南の山にありました。
まだ此の土は試験中で数点しか焼けていませんが、出来上がっ
た作品はかっての名器と比べ、遜色ない素晴らしい色合い
です。
此の土を活かした作品で来年正月にはくらしきで
再来年3月には岡山で個展の準備中です。
これに先だってこのたび大宮で作品展の機会を戴き、地元の
皆さまに観て頂くことになりました。
有難うございます。

ブログ天空の窯元  陶芸家   杉原 大路   

NEXT Entry
炎の旅、懐かしい未来へ
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。