--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 02. 02  
天空の窯元ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

この度は父、大路に代わり、
娘の私がこうして記事を書かせていただいております。

先日1月29日、午後3時44分
父、大路は鳥取大学医学部付属病院にて息を引き取りました。

深夜1時30分頃異変を感じ、父自ら救急車を呼び、病院に搬送されました。
私が駆けつけたときはICUのベッドで管につながれ、意識は無い状態でした。

そして私の到着から約6時間後、急に血圧が下がり始め
帰らぬ人となりました。

二日後の31日通夜
昨日2月1日葬儀を終え、こうしてやっとみなさんにお知らせする事ができております。

2011年7月24日から約5年間
天空の窯元ブログをご覧いただきまして
ありがとうございました。




○境港にて、海鮮丼を前に笑顔の父
image1.jpg
撮影/宇畑智之様







NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
写真使って頂きありがとうございました
この写真を見ればみるほど今、先生がいない事が信じがたくなります
No title
宇畑様
父の生前は大変お世話になりありがとうございました。
私もまだ、父が亡くなったことは信じることができません。
ひょっこり電話がかかってくるのでは?と思っております。

ただ、父の作品は全国あちらこちらで生きております。
仕事の合間を縫い、父に会いに行きたいと、ぼんやりと考えるようになりました。
ブログを閉鎖しようとも考えましたが、引き続き、旅先で出合うかつての父との手記をつづりたいと思っております。
気まぐれなアップになるかと思いますが、時々訪問していただけると嬉しいです。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

素晴らしいですね
僕は正直、陶芸には全くと言っていいくらい興味はなく、不思議な縁で先生に出会い先生自身に興味を持ってつきあわせて頂いていましたが、作品が受け継がれて往けば…
焼き物って凄いと初めて思いました(汗)
No title
本当に、今でも信じられないです。
印賀に訪れるといつもニコニコと迎えて下さっていました。
その笑顔が忘れられません。
陶芸に関しては素人ではありますが、師匠の想いを慮り少しでも自身で出来る事をして行きたいと思います。
ありがとうございます
宇畑智之様

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、作品は受け継がれていきます。
父はいなくても、焼き物は残ります。
それが凄いことなのか、まだ悲しみの中にある私にとっては残酷なことなのかわかりません。

父の生前、岡山県では倉敷市酒津、総社市三須、真庭郡新庄村と三つの時代を経て
最期の時を迎えた鳥取県日南町印賀のご縁をいただきました。

私が物心ついたときには父の作品に囲まれ、土のにおいの中で育ちました。
遊び場は登り窯。

また、日常で使っていた器は、年に2~3回窯出しされる父の新作。今思えばとても贅沢でした。

記憶にあるのは、朝、昼、晩のごはんの時に使っていた父の器。キッチンは箸置きから茶碗、小皿、大皿や急須など、様々な器で溢れかえってました。
自身の成長とともに日常にあった器たち。酒津~総社市三須、真庭郡新庄村と、カタチや色を見ればなんとなくいつの時代のものかわかります。
そしてそれらを手に取ると、若かりし頃の、厳しかった父の面影も浮かんできます。

かつての父と出合う旅、、、
子育てが一段落した私にとって、楽しみの一つになりそうです^^

ありがとうございます。

ありがとうございます
古味佳子様

父の生前は大変お世話になり、ありがとうございました。
日南町にいたときの父は、いつもニコニコで
満足そうでした^^

遺影のドヤ顔は、
「父らしいな~」と見るたびに笑顔になります。

とはいえ、昔は厳しい父でした。
私がやんちゃだったので
あのグローブのような手で一度だけほっぺを叩かれたこともあります、、、今ではいい思い出です。

時折、みなさまに
父のニコニコを思い出していただくことが
私たち遺族の喜びです。

ありがとうございます。


ありがとうございます
師匠はこの窯元に色々な問題を心に抱えてやってくる人達のために、「陽だまりの場所」を創って下さいました。
”来るもの拒まず、去る者追わず”
長年の御経験より、人の生きる道を歩いて
これから往く人々に指し示して下さったのかもしれません。
師匠に巡り会わせてくれた方や、師匠と共に道を歩んだ方々に
感謝しております。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。