--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 01. 02  
古名刀の実力
宮大工最後の頭領と云われた常岡さんの話
回廊の丸柱を部分修理するにあたって、自分がやった
仕事と過去の仕事が見比べることになる。
やはりそこは職人の誇り、劣る仕事をしたくない。
彼は鎌倉時代の鉄を集めて槍鉋を造らせた。此れ以後の刃物
だと明らかに仕事が劣る。気に入らなかったと話されている。

平安時代備中備前に正恒銘の太刀がある。なかでも有名なのが
灯籠切り。

かの太刀を帯びた武士がほろ酔い機嫌で我が家に向かっていると
目の前に化け物が現れた。腰のものを一振りして我が家で次の日
のあさまで眠っていると、表が騒がしい。起きて何事かと訪ねると
近くのお宮の灯籠が切られているとのこと。
思い当たる彼は腰のものを調べたが傷もない曲がっても居ない
まして刃こぼれひとつない。
この太刀は自分ごときが持つものではないと想い、かのお宮に
奉納した。この太刀は国宝として今も存在している。

さて南北朝以前と以後、何が変化したのか、このなぞを
入道に聞いてみたがわしゃしらんであった。
「うそつけ」とぼけおって。


NEXT Entry
炎の人故長江惣吉
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。