--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 01. 07  
次の日瀬戸に伺った。
早速天目を熱く話された。「この間三越本店で個展やって
みんな売れてな。今手持ちは一点だけしかないがまあ観てくれ」
拝見します。黙って眺めている私に「どうや。あんたはこれを
曜変とみとめるか」といわれてもどう応えたらよいか正直
困った。表面の光彩は曜変と云えなくもない。有り難う
御座いました。とお礼を述べ帰ろうと立ちかけると
「ここにわしが研究した全てを書いている資料がある
これをあんたにやる」それを戴く訳にはいきません。
「あんた目星はついとんか」いえ、なにも掴めていません。
「なぜ断る」
はい。私の求める曜変と長江さんのとは異なるからです。
とはいえこれは見栄かもしれません。根っからの
へそ曲がりと御笑いください。ではこれで失礼を。
立ちかけると「まてこれを観ろ」振り向くと彼は
背後のふすまの戸を開けた。それは長江さんの趣味で、
「あほぬかせ。わしの釉薬の一滴でもほしいとか何かを
知ろうとやって来た陶芸家と名乗るやつらの手みやげよ
証拠品。これみても断るかあんたは」はい。「あんたいう
男は」いいながらいきなり私の手を固く握り次のように
云われた。
「わしな日本の曜変夢みとる。それはあんたの求めている
美の様に思う」と。




NEXT Entry
どぶ板
NEW Topics
永眠いたしました
雪に埋もれた
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
炎の旅、懐かしい未来へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

杉原大路

Author:杉原大路
1939年尾道市で産まれる
15才より倉敷市にて羽島焼故小河原虎吉、後に
丹波焼市野弘之に師事
北京市、人文大学、香港の出版社等より栄誉賞を受ける
曜変、滴珠、兔毫天目茶碗再現の鑑定証書を
北京故宮美術館呂済民館長ほか五名の国家鑑定家より受ける
鬼太鼓座代表松田惺山とのコラボレ-ション
現代美術作家とのグル-プ展日本陶芸展毎日新聞主催等に出品
日墺美術展倉敷市とウイ-ン出品
ウイ-ン、北京市倉敷市岡山市その他の美術館ギャラリ-等
で個展開催

インフォメーション
印賀焼:大路土窯 おろち陶芸同好会
鳥取県日野郡日南町印賀1438-10(旧大宮幼稚園)%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.239285,133.274098+(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%8D%B0%E8%B3%801438-10%EF%BC%88%E6%97%A7%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%EF%BC%89)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.239285%%133.274098%%14
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。